スタッフブログ
不動産投資全般

空室が多い物件も実は悪くない?《再生事業》

2019/06/13

いつもご覧頂きましてありがとうございます。
ファミリーエージェントの岡田です。

本日は弊社グループ会社が行っております、
再生事業についてお話させて頂きます。

弊社からご紹介させて頂くいくつかの物件は、
弊社グループ会社が割の良い物件を仕入れてきて、
その売却依頼を受け一般のお客様にご紹介させて頂く。
このような流れがございます。

相続での案件や入居状況の悪い案件、
中には運営が手間になったから手離れ良く業者に売却したい。
そのようなことがあったりします。

グループ会社が仕入れ業務を行う上で、
できるだけ安く仕入れを行う必要があり、
そのような物件については空室が多い案件が多くございます。

そのため、空室の部屋を原状回復し、
入居付けを行って一般のお客様にご紹介させて頂く。
このような流れとなってまいります。

しかしながら、仕入れ業務を行ってから日が経っていないと、
どうしても空室が多いままでのご紹介になりがちでございます。

オーナー様の中では、
空室は入居が決まるのかという一抹の不安もあるかと思います。
そのため、入居率が良い物件を好まれる傾向がございます。

しかしながら、弊社グループ会社の修繕につきましては、
グレードが高く、しっかりとした修繕が実施されております。

 

 



中古の物件でここまでのグレードで修繕するケースは、
あまり多くはないのではいでしょうか。

物件の築年数は30年を越えているような物件でございます。
※これは、弊社の基本グレードとしてご提供しております。

そのため、入居が付きやすいという点もございますが、
空室の部屋に入居がつきその後に退去が出た場合、
ルームクリーニング程度で済む可能性が上がります。

弊社のグループ会社においては1ルームの部屋にも関わらず、
30万や場合によっては50万円程、
大きく費用をかけて実施をするケースもございます。

すると、空室損という観点で見ると、
退去後の修繕費用が安く済む傾向があるため、
不動産事業(不動産投資)を行う上で、
非常に有利に働いてきそうです。

入居者間や近隣住民ともめている等の理由により、
空室が目立っているという場合については注意が必要ですが、
弊社のグループ会社が再販を行う物件につきましては、
空室が多いほうがメリットと言えるケースが多いため、
入居率が現状良くないから。。
と物件を諦めるのではなく、
一度、今後のお取り組みの展開をお考え頂いてみてはいかがでしょうか。


最後までご覧頂きましてありがとうございました。

TOP