menu

利回り10%以上
物件多数!!

無料会員登録で
未公開物件公開中!

利回り10%以上の物件

注目のAGENT情報

2017-06-11 19:12:57
不動産投資と税金

こんばんは。

ファミリーエージェントの小倉です。

 

賃貸経営に係る経費のうち、大きな支出となる「税金」を考慮せずに

購入を進めてしまっている人も少なくないように感じます。

 

支払う税金は様々ですが、不動産を1棟(1戸)の購入で

下記の税金の支払いが発生します。

 

~購入時~

 

 

・売買契約書印紙代(200円~480,000円)

・金銭消費貸借契約書印紙代(200円~600,000円)

・抵当権設定、登録免許税(抵当権設定金額(借入額)×0.4%)

・所有権移転、登録免許税(固定資産税評価額×土地1.5%、建物2%)

・不動産取得税(固定資産税評価額×土地1.5%、建物3%)

・固定資産税(固定資産税課税標準額×土地・建物1.4%)

・都市計画税(固定資産税課税標準額×土地・建物0.3%)

 

購入時だけでも上記の「税金」がかかります。

 

仮に…

物件価格5,000万円(固定資産税評価額土地3,000万円・建物500万円)を

フルローンで購入した場合で

・売買契約書印紙代1万円

・金銭消費貸借契約書印紙代2万円

・抵当権設定20万円

・所有権移転55万円

・不動産取得税60万円

 

固都税の清算金を考慮せずに考えても概算で「約140万円」程、

購入時に税払いがあります。

 

不動産を購入するうえで避けられない部分ではありますが、

何れも「必要経費」となる為、初年度は経費が多くなり、本業の収入で支払った所得税の一部が還付されることで、

不動産投資で「節税ができる」という業者も一部あるようですが、購入~運用~売却までで考えるといかがでしょうか。

 

次回に続きます。