menu

利回り10%以上
物件多数!!

無料会員登録で
未公開物件公開中!

利回り10%以上の物件

注目のAGENT情報

  • 2018-10-18 新築物件の積算評価について本日は「新築物件の積算評価」についてでございます。 新築物件については、基本的には積算評価が高くな…
  • 2018-10-16 不動産会社の破産「スルガ問題」「TATERU問題」が連日のように報道されている中 次々と営業方針を変える不動産業者…
  • 2018-10-11 中古1棟物件による純資産の増加昨日は、弊社の長渕が出版した「中古一棟収益物件 攻略完全バイブル」 出版記念セミナーがあり、多くの…
  • 2018-09-20 土地評価の重要性不動産投資において、CF以上に資産価格の下落がしづらい物件を購入することが重要となってきます。 シ…
2018-04-06 09:42:10
イールドギャップを正しく使えていますか?

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

ファミリーエージェントの堀内です。

皆様イールドギャップについて、正しく理解されていますでしょうか?

期待するイールドギャップをお持ちのお客様がたまにいらっしゃいますが、

そもそもイールドギャップの出し方が間違っており参考指標として意味をなしていないケースが多いです。

多いパターンとして、

「表面利回り」-「金利」=イールドギャップ

として捉えているケースがありますが、

これでなにがわかるのでしょうか?

問題点としては、

・物件ごとの空室率・運営費率について全く触れていない

・元本返済についての考えがなく、毎年のキャッシュフローがわからない

というのが大きな問題です。

上記のような安易に(「表面利回り」-「金利」)で計算してしまうと

「空室率・ランニングコストの高い地方物件を買ってしまい全く儲からない」

「元本返済期間が短すぎて手残りが少ない」

といったことになります。

上記の算出式で出した「間違ったイールドギャップ」で出た数値が

8%あっても収支の回らない物件は回りませんし、5%であっても収支の回る物件は回ります。

それでは本来どのように計算すべきなのでしょうか?

こちらについては次回詳しく説明いたします。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。