menu

利回り10%以上
物件多数!!

無料会員登録で
未公開物件公開中!

利回り10%以上の物件

注目のAGENT情報

  • 2018-10-18 新築物件の積算評価について本日は「新築物件の積算評価」についてでございます。 新築物件については、基本的には積算評価が高くな…
  • 2018-10-16 不動産会社の破産「スルガ問題」「TATERU問題」が連日のように報道されている中 次々と営業方針を変える不動産業者…
  • 2018-10-11 中古1棟物件による純資産の増加昨日は、弊社の長渕が出版した「中古一棟収益物件 攻略完全バイブル」 出版記念セミナーがあり、多くの…
  • 2018-09-20 土地評価の重要性不動産投資において、CF以上に資産価格の下落がしづらい物件を購入することが重要となってきます。 シ…
2018-09-25 22:56:46
不動産投資で必要なことはⅢ

いつもコラムをご覧頂きありがとうございます。
ファミリーエージェントの村田です。

 

前回、前々回と「不動産投資で必要なことは」について、
3
つのポイントを上げさせて頂きました。

 

≪前々回の記事≫

https://family-ag.co.jp/column/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%A7%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AF

 

≪前回の記事≫

https://family-ag.co.jp/column/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%A7%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AF%E2%85%A1

 

本記事では、不動産投資の検討において必要なこととして、3つのポイントを挙げており、

     賃貸物件として≪貸せるかどうか≫ということ

     抱えるリスクに対して想定できるリターンの≪効率性・安全性≫

     融資を組む際の≪ファイナンス≫

 

以上が重要なことであると記事で書いております。

 

前回までで②の項目までを上げましたので、

今回は③融資を組む際の≪ファイナンス≫の点をご説明しようかと思います。

 

まず、不動産投資をするにあたっては、物件の購入に「融資」を使うことが

効率的と考えられます。

 

また、不動産自体がそもそも高額な為、よほど現金が無ければ、

ある程度融資のところを利用しないと、購入自体の検討が難しいものかと思います。

 

つまり、不動産投資において「融資」はかなり重要な項目です。

そこで重要なことが

「自分がどのような融資を使えるのかを把握」することです。

 

よく、個別相談にお越しいただくお客様の多くに、

「良い物件が出たら不動産投資をする」だとか、「この物件がほしい」

と投資物件の検討に物件から入る方が多数いらっしゃいます。

 

不動産投資自体、「不動産」というもので儲かるかどうか決まるところもある為、

良質な物件を検討するのは当たり前です。

しかし、どんなにいい物件だとしても、よほどスペシャルなご属性出なければ、

融資が組めなきゃ意味ありませんよね。

 

問題はそこなんです。

 

不動産投資を検討するもしないも、まずは物件から入ってしまう人は、

大部分の人がその物件を購入することが難しかったのではないでしょうか。

 

不動産投資の検討自体、物件を金融機関の融資を使って購入検討していく以上、

使える融資、そしてその融資の特性、どの順番で融資を使っていくか、

このあたりがかなり重要なポイントです。

 

融資には、

・金融機関のご属性基準

・評価基準

・個人個人の融資枠

・融資可能な物件

・融資条件

と上記のような点から、特性を割り出せるでしょう。

中には、年収で融資枠が決まってくるもの、

評価がある程度出てないと、融資検討ができないもの、

自己資金が必要なもの、と様々な特性が金融機関にはございます。

 

その為、個人によって、

・組める融資条件も違う

・使える融資枠も違う

・買い増し検討の方法も違う

といった様々な異なるポイントが挙げられます。

 

投資の検討には、

・自分がどこのどのような条件で融資が検討可能なのか

・どの順番で金融機関は使うのか

・最大どのくらいまで借りられるのか

このあたりを、金融機関を考慮する上で、抑えていく必要があり、

その上で自分の目標に合った物件を選定する必要が出てきます。

 

とはいえ、不動産投資の検討に、使ってくる金融機関は多くの金融機関が挙げられます。

お客様の方でこの多くの金融機関の中から自分のご属性に合った金融機関を選定するのは、

骨がおれるでしょう。

 

その為に、我々がお客様のご属性に合った金融機関のご提案、

さらには不動産投資の目的のすり合わせと、

目的・金融機関に沿った物件のご紹介をさせて頂いております。

 

上記については、メール等ではなく、個別面談という形で

ゆっくりとお話できればと存じます。

 

不動産投資を検討する上で、融資のところはかなり重要です。

「まずはご自身がどのような融資を使えるのか」

「どこまで借り入れを起こすことができ、不動産投資をどの範囲までできそうなのか」

このあたりに関して、ご相談がある方は、

お気軽に下記連絡先までご連絡ください。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

担当者:ファミリーエージェント 村田 陽祐

Mobile070-3864-7067

Email murata@family-group.jp