menu

利回り10%以上
物件多数!!

無料会員登録で
未公開物件公開中!

利回り10%以上の物件

注目のAGENT情報

  • 2019-03-22 「不動産価格の下落」本日は健美家や日本経済新聞でも取り上げられた 「不動産価格の下落」について記載させていただきます。…
  • 2019-03-22 雨漏りについて収益不動産運用中のリスクの一つに「雨漏り」があります。 収益不動産を購入し運用中、管理会社経由で「…
  • 2019-03-20 判断基準を間違えない 本日は「判断基準を間違えない」についてお話させて頂きます。   不動産投資に関…
  • 2019-03-20 ライフラインについて  不動産投資を行われる際に、 重要なことでありつつその他の情報の多さから どうして…
中古一棟収益物件 攻略完全バイブル 期間限定 無料プレゼント
2019-03-13 08:01:53
建築基準法道路と注意すべき点②

お世話になっております。
ファミリーエージェント高宮です。

前回に引き続き、建築基準法道路についてです。

◆42条2項道路
こちらは有名ですね。
「2項道路」という響きに覚えがある方も多いかと存じます。

建築基準法が定められる前からあった、幅員が4m未満の道路を指しますので、
再建築時には4m以上にする必要があります。

4m以上の幅員にするために、道路中心線から後退することを
セットバックと言い、セットバック部分は道路となりますので、
そこを減じた地積が有効宅地面積となります。

なお、対面が住居ではなく河川などの場合は、セットバックではなく、
一方後退となりますのでご注意ください。

◆43条但し書き道路
建築基準法の道路ではないため、原則再建築不可となります。

必ずしも再建築ができないということではございませんが、
出口まで取って利益確定と考えている弊社では
出口が不安定になってしまう本接道条件はほとんど取り扱っておりません。


以上を踏まえてご購入検討時に接道について
ご注意いただきたい点です。

☆そもそも建築基準法上の道路に接道しているか否か
☆セットバックや一方後退が発生しないか否か
☆セットバックや一方後退が発生した場合の有効宅地面積は価格に釣り合うか否か
☆間口が2m以上あるか否か

※旗竿地など2mしかない場合本当に土地としての価値があるのかご検討ください

なお、弊社では上記のような点を考慮しても、
利益が得られそうである物件のみご紹介しております。

ご興味のある方はこちらより無料の会員登録をご利用ください。
また、個別のご相談などは適宜受け付けておりますので、
本文下部にございますメールアドレスへお気軽にご連絡ください。

==========================
「LINE@」にて未公開物件速報はじめました!
簡単登録にて、いち早く新着の物件をご覧いただけます。
「ID:@familyag」
登録方法はこちらをご覧ください。
https://family-ag.co.jp/lp/line/
==========================

担当者:ファミリーエージェント 高宮
Mobile:070-4510-2849
Email :takamiya@family-group.jp


現在の登録物件数

  • 一般公開431
  • 未公開1543
  • 無料会員登録
  • セミナーまたは個別相談ご参加の方に出版書籍「中古一棟収益物件攻略完全バイブル」全員にプレゼント!
  • KENJA GLOBAL 株式会社ファミリーエージェント 長渕淳
  • 不動産投資攻略完全バイブル
  • LINE@簡単登録
  • 無料個別相談はこちら 不動産投資に精通したスタッフがお一人お一人のご相談に丁寧にお答えいたします。