menu

利回り10%以上
物件多数!!

無料会員登録で
未公開物件公開中!

利回り10%以上の物件

注目のAGENT情報

中古一棟収益物件 攻略完全バイブル 期間限定 無料プレゼント
2019-07-08 11:04:30
ファミリータイプの注意点

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
ファミリーエージェントの堀内です。


本日はファミリータイプ間取りの注意点について書かせて頂きます。

当ブログをご覧の方の中にも「長期入居が見込めるから」という事で、
ファミリータイプの物件をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

たしかにシングルタイプに比べファミリータイプは一般的に入居期間が長く

シングルタイプが平均4~5年程度の入居期間
ファミリータイプは平均8~10年程度の入居期間

と言われております。

ですが、空室率を決定づける上では、「入居期間」だけでは空室率が算出されません。

「1/入居期間」×「空室期間」が空室率の正体です。

ではファミリータイプの「空室期間」はシングルタイプに比べどうなのでしょうか?

全体において言えることとしては

「ファミリー層で賃貸物件を探している層」と「単身者で賃貸物件を探している層」
では圧倒的に後者の方が需要が多いです。

またエリアの特性が大きく絡んできますが、
「その賃料で同規模以上の部屋の住宅ローン支払いが出来てしまわないか?」
は必ず確認して頂きたいポイントです。

細かい計算根拠は割愛しますが、

住宅価格×3/1000≦家賃


となっていた場合は、賃料よりも住宅ローンの方が安くなっている為、
「検討を取り止める」「入居付け根拠を再調査する」等の対策が必要です。

本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました。


現在の登録物件数

  • 一般公開394
  • 未公開1542
  • 無料会員登録
  • セミナーまたは個別相談ご参加の方に出版書籍「中古一棟収益物件攻略完全バイブル」全員にプレゼント!
  • KENJA GLOBAL 株式会社ファミリーエージェント 長渕淳
  • 不動産投資攻略完全バイブル
  • LINE@簡単登録
  • 無料個別相談はこちら 不動産投資に精通したスタッフがお一人お一人のご相談に丁寧にお答えいたします。