menu

利回り10%以上
物件多数!!

無料会員登録で
未公開物件公開中!

利回り10%以上の物件

注目のAGENT情報

中古一棟収益物件 攻略完全バイブル 期間限定 無料プレゼント
2019-07-09 18:09:38
指値について


こんばんは。
ファミリーエージェントの渡です。


今回は不動産投資と指値の関係についてお話させていただければと思います。


不動産投資を検討する中で、個人ごとに不動産に対して重視するポイントは異なって
きますが、
「後〇〇万円価格が下がれば、希望の利回りになるのに」
「後〇〇万円価格が下がれば、希望の土地値割合になるのに」

と指値を入れれば、自分の希望の条件により近くなるというケースが多々あるかと
思います。


確かに、指値を入れることでご希望に近い条件で物件を購入できるのは嬉しいことですし、
「指値を入れればいい物件なのに、もったいない」
と歯がゆい思いをすることもあるでしょう。


ただ、指値を入れて物件を購入することにも一定のデメリットはありまして、
中でも最大のデメリットは「交渉力が弱くなる」ことでございます。


売主様の立場からすると、より高い価格でご購入いただける方が嬉しいですし、
実際に購入申込書や融資の事前打診のタイミングが先であったとしても、
満額でのご購入だからという理由で高順位の買付が優先されてしまうケースも
多々
ございます。



また、個人のお客様だけでなく不動産の仕入れ業者でも、一般流通案件の購入を
検討しています。

そして、一般には登記や瑕疵担保といった観点から、同じ指値を入れた買付希望者同士の
場合であれば、不動産の仕入れ業者の買付が優先されてしまう場合がほとんどです。


そのため、もしご希望の物件が見つかって是非ともご購入を検討したいという場合には、
指値をせずに満額でなおかつできるだけ早く取引を進めることが重要
か思います。


また、「長期間取引が成立していないような物件を指値により購入する」という
選択肢は、確かに不動産投資の手法の一つとして有効ではございます。


しかし、どのような物件がどれほど早く売れるかといった時間的な相場観については、
不動産投資に触れる中で少しずつわかってくる部分が大きく、
指値にこだわった結果、優良物件を逃してしまうことになるかもしれません。



物件を探すのに時間がかかりすぎると、かえってその探している時間分機会損失が
生まれる
のも事実です。


そのため、これから不動産投資を始める方は特に、ご希望に100%マッチしている場合ではなくても、
「収益性」「賃貸需要」「安全性」を総合的に見て優良な物件であれば、
満額買付をいれるのも1つの有効な手段といえるのではないでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


現在の登録物件数

  • 一般公開394
  • 未公開1542
  • 無料会員登録
  • セミナーまたは個別相談ご参加の方に出版書籍「中古一棟収益物件攻略完全バイブル」全員にプレゼント!
  • KENJA GLOBAL 株式会社ファミリーエージェント 長渕淳
  • 不動産投資攻略完全バイブル
  • LINE@簡単登録
  • 無料個別相談はこちら 不動産投資に精通したスタッフがお一人お一人のご相談に丁寧にお答えいたします。