menu

利回り10%以上
物件多数!!

無料会員登録で
未公開物件公開中!

利回り10%以上の物件

注目のAGENT情報

中古一棟収益物件 攻略完全バイブル 期間限定 無料プレゼント

スタッフブログ

前の記事 2019-3-8の記事  次の記事

1/1ページ 

2019-03-08 08:01:57

いつもご覧頂きましてありがとうございます。
ファミリーエージェントの岡田です。

本日は、多くのお客様に関心の高い、
【 融 資 】についてのお話でございます。

お客様の中では、
①どのような融資が出るか打診を決めてから取り組むかどうかを決めたい。
このように、お話を頂くケースが多くございます。

また、【②複数の銀行に打診を行って比較をし、条件の良い金融機関で取り組みたい。
こんなお話も中には頂きます。

今回は、そのような中でも①についてお話をさせて頂きます。
※次回は②についてお話をさせて頂きます。



どのような融資が出るか銀行へ打診をしてから決めたいというご内容についてですが、
まず初めにご理解頂きたい内容ですが、
これは、銀行それぞれにおいて審査基準が異なっているということです。

どんなに金利交渉をしたとしても、
元より2%以下になることはないのに交渉を行っても意味がないですし、
耐用年数を超過した物件に対して融資を出していないのに、
融資期間を延ばせないかという交渉を行っても意味がございません。



もちろん、どのような融資が出るかどうか決めてからお取り組みをするという内容については、
非常によくわかります。
しかしながら、実際に組めるか分からない融資条件を期待しシュミレーションを行っても、
お取り組みまでこぎつけることはできませんので、
淡い期待は捨てるべきであると言えるでしょう。



※弊社では多数の銀行と取引がございますので、
ある程度であればどの銀行にてどのような融資条件であるというのは、
推測することが可能でございます。

そのため、物件の選定の際に、
一度担当営業マンと打ち合わせを行ってみるのも良いでしょう。


また、収益物件につきましては、金融情勢が悪いと言われている中、
現在もなお目まぐるしく動きがございます。

実際に銀行の融資承認を下ろすとすると、
審査を行う関係上、概ね1ヵ月はかかってしまいます。

すると、《その間に他の方にて物件の買い手がついてしまう。
なんてことも多くございます。

そのようなこととなると、
物件取得ができず銀行員を無駄働きさせたという印象を持たれてしまう可能性があるため、
次の物件を持ち込んだ際には、
また、《物件は流れてしまうのではないか。》
という疑惑のもと、審査を急いでくれないということにつながりかねません。

そのため、安易に物件を持ち込んで融資どうですか?

という内容を多く行ってしまうのは、
実は買い手の方にとって、マイナスな要素となってしまいます。
(銀行としても、金貸しが商売のためです。)

そのためにも、自身が利用できる金融機関や金融機関の融資条件等は予め把握をしておき
融資条件にある程度の幅はあるにせよ、
それにマッチした物件が出た際には、
すぐに審査ができるように準備をしておくことが大切となります。
物件のグリップ+銀行員を無駄働きさせない

なお、繰り返しとなりますが、
弊社の営業マンにつきましては多数の銀行との取引があるため、
ある程度の融資条件・内容を存じ上げております。
そのため、一度担当営業マンと打ち合わせを行ってみるのも良いのではないでしょうか。


1/1ページ 

現在の登録物件数

  • 一般公開435
  • 未公開1579
  • 無料会員登録
  • セミナーまたは個別相談ご参加の方に出版書籍「中古一棟収益物件攻略完全バイブル」全員にプレゼント!
  • KENJA GLOBAL 株式会社ファミリーエージェント 長渕淳
  • 不動産投資攻略完全バイブル
  • LINE@簡単登録
  • 無料個別相談はこちら 不動産投資に精通したスタッフがお一人お一人のご相談に丁寧にお答えいたします。