menu

利回り10%以上
物件多数!!

無料会員登録で
未公開物件公開中!

利回り10%以上の物件

注目のAGENT情報

  • 2018-10-18 新築物件の積算評価について本日は「新築物件の積算評価」についてでございます。 新築物件については、基本的には積算評価が高くな…
  • 2018-10-16 不動産会社の破産「スルガ問題」「TATERU問題」が連日のように報道されている中 次々と営業方針を変える不動産業者…
  • 2018-10-11 中古1棟物件による純資産の増加昨日は、弊社の長渕が出版した「中古一棟収益物件 攻略完全バイブル」 出版記念セミナーがあり、多くの…
  • 2018-09-20 土地評価の重要性不動産投資において、CF以上に資産価格の下落がしづらい物件を購入することが重要となってきます。 シ…
2017-11-07 18:49:22
銀行の融資にまた異変が…?

 

今年に入ってから徐々に融資を絞り始めていた銀行融資ですが、今までは所謂プロパーローン(事業性融資)として貸し付けをしていた地銀・信金の締め付けがメインでしたが、ついにアパートローンまで融資基準に変化が出始めました。

 

今まで融資を締めてきた金融機関は、金融庁からの指導や一法人一銀行スキーム等による抑止的な意味合いで「融資額」に対して締め付ける銀行が多かったのですが、今回を条件見直しになった銀行は「金利」の部分の規制がメインになっています。

 

具体的には今まで1%台後半で融資をしていた商品が金利2%台前半まで引きあがったという物です。
(それにともない他の融資条件にもやや変動がありましたが割愛します。)

 

今回の融資条件の見直しの経緯としては、当然といえば当然なのですが、プロパーローン(事業性融資)で金利1%台で積極的に融資をしていた他行が融資を引き締めている。

→他行との競争がなくなった為、利益体質強化の為、本来の金利に戻す動きを出しているといった形です。

 

元々・・・

続きはこちらからご覧ください。https://ameblo.jp/family-ag/entry-12326317577.html

 

株式会社ファミリーエージェント不動産投資ブログ

不動産への投資をご検討の方、買い増しを考えられている方、管理会社でお困りの方、節税対策を探されている方など、不動産を活用した資産形成・節税対策なら、ファミリーエージェントへお気軽にご相談ください。