menu

利回り10%以上
物件多数!!

無料会員登録で
未公開物件公開中!

利回り10%以上の物件

注目のAGENT情報

2018-02-23 10:05:49
生活保護の入居者

生活保護の受給者数は、H26年に過去最高記録をし、近年は多少の減少をしておりますが、受給世帯数で見てみるとH28年度に過去最高記録をし、その数は増加傾向にあります。

 

 

貸家着工戸数が増加する一方で、首都圏でも空室率が20%~30%台と高まっており、賃貸経営においても、生活保護受給者の受け入れを考えているオーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

オーナーチェンジでの賃貸物件の取得であれば、入居者に生活保護の方が入居している物件も少なくありません。中には入居者の半数以上が生活保護受給者という物件も実際に存在し驚かれる投資家の方もいらっしゃいます。

 

生活保護受給者の入居については何かトラブルが発生しないか、家賃滞納は大丈夫だろうかと考えられる方が多いようです。賃貸経営として考えますと家賃が振り込まれない家賃滞納が一番のリスクと言えます。

 

生活保護の方の家賃滞納などのトラブルを未然に防ぐ方法として・・・

続きはこちらからご覧ください。https://ameblo.jp/family-ag/entry-12355065946.html

 

株式会社ファミリーエージェント不動産投資ブログ

不動産への投資をご検討の方、買い増しを考えられている方、管理会社でお困りの方、節税対策を探されている方など、不動産を活用した資産形成・節税対策なら、ファミリーエージェントへお気軽にご相談ください。