menu

利回り10%以上
物件多数!!

無料会員登録で
未公開物件公開中!

利回り10%以上の物件

注目のAGENT情報

  • 2018-10-18 新築物件の積算評価について本日は「新築物件の積算評価」についてでございます。 新築物件については、基本的には積算評価が高くな…
  • 2018-10-16 不動産会社の破産「スルガ問題」「TATERU問題」が連日のように報道されている中 次々と営業方針を変える不動産業者…
  • 2018-10-11 中古1棟物件による純資産の増加昨日は、弊社の長渕が出版した「中古一棟収益物件 攻略完全バイブル」 出版記念セミナーがあり、多くの…
  • 2018-09-20 土地評価の重要性不動産投資において、CF以上に資産価格の下落がしづらい物件を購入することが重要となってきます。 シ…
2018-03-12 12:25:44
規模拡大の不動産投資

当社では不動産投資セミナーや個別相談会を定期的に開催しております。
本日はその際にお客様とのお話の中で良く出てくる「規模拡大」に関して記載いたします。

 

不動産投資に関する「本」「セミナー」「ブログ」等で情報収集をされているお客様は数多くいらっしゃると思います。
その中で「規模拡大でセミリタイヤ」「規模拡大で資産〇億作る」など規模拡大という言葉が多く出てくるため不動産投資の正解=規模拡大 となってしまっている方が多いようです。

 

そもそも規模拡大の規模とは何でしょうか?
不動産の所有件数?
所有不動産の購入価格の合計?
所有不動産の家賃収入の合計?
融資借入額の合計?

 

投資家一人一人の規模の感覚は違えど、上記の全てを拡大(大きく)する事を考えている方は多いのではないでしょうか。

単純に早急に不動産を増やす場合は
1.出来る限りレバレッジをかけて自己資金を温存し、現状の融資条件で買えるまで買う。
2.売買契約書、領収書の偽造で金融機関を騙し自己資金を使わずに不動産を購入し、これを繰り返す。
3.個人名義では借入せず、A法人名義でA銀行を使って購入し、続いてB法人名義でB銀行を使って購入し、これを繰り返す。

などの方法が横行しておりますが、当然2の方法は金融機関を騙して融資を引っ張っている以上、不動産投資ではなく詐欺になりますので除外します。

 

また、3に関しても一見うまい方法のように見えてしまいがちですが、最近では金融機関側が法人スキームを警戒し、融資金消前に、その他の法人を持っていないかどうかを確認されてしまうので、結局、虚偽申告をする事になってしまいます。

それでは1が良いのか?...

このように不動産投資の規模拡大の話しを進めると、大半は沢山購入出来る方法は?の話しとなってしまいます。
結局…

続きはこちらからご覧ください。https://ameblo.jp/family-ag/entry-12359622646.html

 

株式会社ファミリーエージェント不動産投資ブログ

不動産への投資をご検討の方、買い増しを考えられている方、管理会社でお困りの方、節税対策を探されている方など、不動産を活用した資産形成・節税対策なら、ファミリーエージェントへお気軽にご相談ください。