menu

利回り10%以上
物件多数!!

無料会員登録で
未公開物件公開中!

利回り10%以上の物件

注目のAGENT情報

2018-10-18 16:16:47
新築物件の積算評価について

本日は「新築物件の積算評価」についてでございます。

新築物件については、基本的には積算評価が高くなりにくいという性質がございます。

 

《それはなぜなのか?》

 

《積算評価とはそもそも何なのか?

 

今回はこの2項目について、内容をかみ砕いてお話をさせて頂きます。

 

まず初めに、そもそも積算評価とは何なのかという疑問点ですが、これは銀行が物件を評価する際の1つの指標でございます。

 

銀行が物件を評価する際には、収益性もしくは資産性のどちらかを軸にして(もしくは両方を)評価をいたしますが、その資産性を評価する際の基準とも言い変えることができるかと思います。

 

実際の求め方はというと、以下のような式に当てはめることで求めることができます。

 

土地(相続税路線価×土地面積)+建物(再調達原価×建物延床面積×残存年数/耐用年数)

 

この上記式により算出されたものが、『積算評価』と言われます。

 

それでは、今回の大きなトピックである、なぜ新築物件は積算評価が低いのか?

 

これについては、大きく分けて二つの理由がございます。

 

【土地】土地取引価格≠土地積算評価額

 

端的に申し上げますと、市場の土地取引価格≠土地積算評価額という点が挙げられます。

 

市場の土地取引価格については、積算評価で決まるわけではなく・・・

続きはこちらからご覧ください。https://ameblo.jp/family-ag/entry-12412226829.html

 

株式会社ファミリーエージェント不動産投資ブログ

不動産への投資をご検討の方、買い増しを考えられている方、管理会社でお困りの方、節税対策を探されている方など、不動産を活用した資産形成・節税対策なら、ファミリーエージェントへお気軽にご相談ください。