menu

利回り10%以上
物件多数!!

無料会員登録で
未公開物件公開中!

利回り10%以上の物件

注目のAGENT情報

不動産コラム

前の月 月間アーカイブ:2018年9月  次の月

1/1ページ 

2018-09-20 19:21:01

不動産投資において、CF以上に資産価格の下落がしづらい物件を購入することが重要となってきます。

シェアハウスも売却するとなった際に購入時と同程度の価格で売却できるのであれば、ここまで大きな問題にならなかったと思います。

 

 

 

建物の積算価格は、経年劣化の関係で上記画像のように積算価格が減価していくものでございますが、土地に関しては当たり前ですが減るものではございません。

 

 

本日は【土地評価の重要性】についてお話させて頂きます。
 

 

上記画像は健美家の利回りと物件価格の推移ですが、2012年から物件が割高になっているのがわかると思います。

2018年はシェアハウス問題、スルガ銀行の融資の問題、TATERUの問題等、様々な問題が表面化されており、物件種別(地方鉄骨造・新築アパート等)によっては以前の相場に戻るのではないでしょうか。

 

このように、【利回り】に関しては、経済情勢によって変動の幅がある程度ございます。

また、下記画像からわかるように、【都心の区分マンション】は日経平均と連動しており、アベノミクス前の株価を考えると、安定的な資産といえるのだろうかと私は考えております。

 

 

 

これに対して、【土地評価】に関しては・・・

続きはこちらからご覧ください。https://ameblo.jp/family-ag/entry-12404125260.html

 

株式会社ファミリーエージェント不動産投資ブログ

不動産への投資をご検討の方、買い増しを考えられている方、管理会社でお困りの方、節税対策を探されている方など、不動産を活用した資産形成・節税対策なら、ファミリーエージェントへお気軽にご相談ください。

 


2018-09-14 11:03:01

前回、前々回と不動産投資のおける「デッドクロス」に関して
デッドクロスを防ぐ方法について、ブログを書かせて頂きました。

 

前々回の記事⇒https://ameblo.jp/family-ag/entry-12380343673.html?frm=theme

 

前回の記事⇒https://ameblo.jp/family-ag/entry-12389508520.html

 

不動産投資における「デッドクロス」の問題の回避方法として、

私は4つの方法があることを述べ、

前々回の記事では、
「①減価償却費を多く計上可能な築古物件のもう一棟の購入」
という1つの解決策について書き、

前回の記事では、

「②青色申告特別控除、専従者給与払い」

といった解決策に関して記載致しました。

今回も続きと行きます。

 

不動産投資のデッドクロスのリスクの回避方法として、他には、
③私設の資産管理法人に売却・譲渡する

といったことが挙げられます。 

 

簡単に言うと、個人で資産管理会社(法人)を設立し、

その法人に物件を売却、法人で物件を所有することです。

 

そうすることで、個人で保有していると、

本業の給与所得と所得が合算される為、デッドクロスをお越し、

不動産所得で大きく黒字が出てしまうと大きく課税所得が増え、

所得税・住民税の税率を上げ、税金負担が大きくなってしまいます。

 

その点を、法人所得となる為、

・経費計上がしやすくなり、所得を出しにくくなること

・ご年収が1,200万円以上の方などは、法人の方が所得税の実効税率が、

 低くなり、かかってくる税金分を抑えることができる

 

といった2つのメリットがございます。

デッドクロスを抑えるというよりも、

デッドクロスによる金負担を抑える運用と考えた方が宜しいですかね。

 

ただ、施設法人への売却はデメリットもございます。

それは、売却する際に、

・適正価格での売却

・譲渡税

・不動産取得税

の負担がございます。

 

もし物件を減価償却期間が終了したからと言って・・・

 

続きはこちらからご覧ください。

https://ameblo.jp/family-ag/entry-12402703449.html

 

株式会社ファミリーエージェント不動産投資ブログ

不動産への投資をご検討の方、買い増しを考えられている方、管理会社でお困りの方、節税対策を探されている方など、不動産を活用した資産形成・節税対策なら、ファミリーエージェントへお気軽にご相談ください。

 


2018-09-03 16:49:36

世界中のKENJAに焦点を当てる無料の動画配信サイト「KENJA GLOBAL “ PRESIDENTS OF 500 ”」に弊社取締役社長、長渕淳が取り上げられました。

ぜひご覧ください。

「お客様の利益のために」

不動産投資事業を生業としているファミリーエージェント。 

投資業としてのノウハウは何処にも負けない蓄積がある。 そんな賢者の軌跡。それは大きな失敗からの学びだ。 そしてそこから得たものは今後も揺らぐことはない。

KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社ファミリーエージェント 長渕淳 

KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社ファミリーエージェント 長渕淳


1/1ページ