menu

利回り10以上の
物件多数!!

無料会員登録で
未公開物件公開中!

利回り10%以上の物件

注目のAGENT情報

 

 

毎回、満員御礼のセミナー資料&解説動画 特別プレゼント中!

 

       

 

 

以下の内容のセミナーとなります。お申し込みは、ページ下部よりお願い致します!

 

不動産投資の目的ネットや書籍、不動産会社の情報に左右されていませんか?本来の目的は一つです。

不動産投資を始めるきっかけや動機は様々ですが、下記のような話を聞いて興味を持ったり、

不動産投資を既に始めた方もいらっしゃるかもしれません。

  • 不労所得として
  • 不景気により所得減になった時の対策として
  • 所得税、法人税、相続税の節税対策として
  • 生命保険替わりとして
  • 将来の公的年金に替わる私的年金として
  • サラリーマンの早期リタイヤ後の生活資金として

 

上記のような不動産投資の目的やメリットとして言われていることは、よくよく考えてみるとどれも意外に"ふわっ"としていると思いませんか?

ここで、抑えておかなければいけないポイントは、

長期にわたる不動産投資において具体的な目的を100%実現するのは難しいということです。

なぜなら…

  • 数十年後を見越して年金対策できますか?
  • 人口が確実に減っていく中で、数十年後の家賃収入が見込めますか?
  • 多額の借入(ローン)で購入した後、困ることはないですか?
  • 何のために税金対策をするのですか?対策するほどの収益を見込めますか?

 

このように将来の不安定な要素が予測される中で、当社がお客様へ提案する

不動産投資の目的の優先順位のトップは、『純資産の増加(形成)』です。

 

純資産とは、個人や企業がもつ全ての資産(総資産)から銀行などからの借入(負債)などを差し引いた金額のことですが、

不動産投資では、キャッシュフロー(CF)の蓄積に物件売却価格を足したものから負債と税金を差し引いた金額をいいます。

ファミリーエージェントが提案する不動産投資の目的不動産投資において純資産を作るためには、以下の4項目を意識した取得と運用がポイントとなります。

①キャッシュフローを得ること極端な利回りの物件を取得するのではなく、相場に見合った利回りの物件を購入し堅実な運営を行う②資産価値が下がらない物件を取得することどの立地の物件をどのように運用するかで資産価値は維持できる(上昇することもある)③目的にあった物件選定と運用を行うことキャッシュフロー(利回り)も融資条件(金利・期間等)も実際には幅がないため、堅実な物件取得と運営が大切④税金をコントロールすること最大の経費となる税金(所得税・譲渡税・法人税)を圧縮することがポイント

 

では、物件の選定と運用が10年後、資産に対しどのような影響を与えるのかを比べたイメージ図が以下の通りです。収益物件純資産増加運用イメージ

この運用イメージで一目瞭然なことは、

10年後の物件価格の下落(資産価値の下落)の影響が「純資産の差」に表れるということです。

 

物件や投資手法に偏りのある内容ではなく、
だれにでも有効な不動産投資の「本当のところ」を分かりやすくご説明いたします。


お客様情報
お名前  (必須)
E-mail (必須)
(半角英数字)

ご入力いただいた個人情報の取り扱いについては「プライバシーポリシー」を必ずご確認のうえ、
ご同意いただける方のみお進みください。

 




現在の登録物件数

  • 一般公開401
  • 未公開1052