お気に入りに登録しました
お気に入りを解除しました
ブログ

不動産投資における「大規模修繕」の重要性



いつもご覧いただきありがとうございます。
ファミリーエージェントです。

本日は「大規模修繕」についてのご説明です。


 捉え方 

大規模修繕=リスク
という認識をされることが多いですが、
定期的に生じるコスト
のため、
想定と準備をすることが可能です。

外装の大規模修繕の周期は
塗料の耐用年数が影響し、
およそ10~15年ほど
が修繕の目安です。

単に見栄えを良くするだけではなく、
ひび割れやサビ
そこからの雨水の侵入
の対策をして
躯体の状態を維持することが目的です。

下図にある通り、
材料によって塗装周期は変化します。





 物件の判断基準として 

以下の2棟の木造アパート
があったとします。

① 築20年 修繕履歴なし
② 築35年 直近3年間で大規模修繕済み


築年数のみで判断すると
①のほうが修繕リスクが低いと
思ってしまいますが、

先程のご説明から
①は大規模修繕の時期が近づいており、
②はあと7~12年は修繕の必要はなさそうです。



 まとめ 

修繕履歴・必要頻度を把握して
いつどの程度の費用が必要なのか逆算することで
"突発的な支出"を回避
できるのではないでしょうか。

保守運用の仕方によっては
塗装を長持ちさせて
さらなるコスト削減も可能です。

・実際にどのようなことをしたらいいのか
・どうなったら修繕のタイミングか

など、詳細については
改めてご説明できればと思います。

ご不明点等ありましたら
お気軽にお問合せください。

最後までご覧いただき
ありがとうございました。